お問い合わせ

0256-33-9070川瀬神経内科クリニックへ繋がります。

スタッフブログ

熱中症に気をつけて【居宅介護支援課】

居宅介護支援課の渡辺美佳子です。

酷暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか・・・。
今回は、熱中症予防について載せてみました。
熱中症患者のおよそ半数は、65歳以上の高齢者が占めております。
皆さんは熱中症に対して、どのような取り組みをされていますか?

➢こまめに水分を取っていますか?

 ✘のどの渇きを感じない ✘夜中にトイレに行くのが面倒だ

➡加齢により、のどの渇きに対する感覚が鈍くなります。
 のどが渇かなくても、こまめに水分補給をしましょう。



➢エアコンを上手に使っていますか?

 ✘エアコンは体が冷えるから嫌だ ✘エアコン等が使えない

➡温度・湿度の設定に気をつけて、直接風邪が当たらないよう工夫してみましょう。



➢暑さに強いから大丈夫?

 ✘暑さをあまり感じないから ✘汗をあまりかかないから

➡ご高齢の方は、暑さに対する感覚が鈍くなり、発汗など体から熱を逃がす機能も低下します。
 無理をせず、室内の温度・湿度設定に注意してみましょう。



➢部屋の中だから大丈夫?
熱中症は、室内でも多く発生しています。夜も注意が必要です。

 ✘部屋の中では熱中症対策をしていない ✘夜は特に注意していない

➡室内でも夜間でも熱中症は発生しています。すだれやカーテンで直射日光を遮り、
 換気、エアコン等を必要に応じて使用してください。



最後に下の表を確認して、予防ができているかチェックしてみましょう。

こまめに水分補給している
エアコン・扇風機を上手に使用している
シャワーやタオルで体を冷やす
部屋の温湿度を測っている
暑い時は無理をしない
涼しい服装をしている 外出時には日傘、帽子
部屋の風通しを良くしている
緊急時・困った時の連絡先を確認している
涼しい場所・施設を利用する

 

出典:環境省熱中症予防情報サイト(http://www.wbgt.env.go.jp/doc_prevention.php

環境省リーフレット 熱中症~思い当たることはありませんか?~ を加工して作成

 

それでは、くれぐれも熱中症にはお気を付けてください。